スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーフス 蔵六三三〇

wIMG_0166.jpg
wIMG_0135.jpg
wIMG_0109.jpg
千葉県船橋市
JR船橋駅からパス20分ほど
高根小学校が目印
坂下の田んぼの中にある
2007.11.1製造開始
牛乳 コーヒーの2銘柄 瓶のみ
無地だが角瓶
なおプリン類も瓶だが紙栓なし
2009.12訪問
スポンサーサイト

小見川牛乳処理場 弘乳舎

q_3596.jpg
q0001.jpg
千葉県小見川町 現香取市
JR小見川駅から徒歩15分ほど
ビンは3銘柄
牛乳 コーヒー フルーツ
瓶そのものもそれぞれオリジナル
2007.09訪問

君津牛乳※

50416AA.jpg
45857AA.jpg
千葉県富津市
JR青堀駅から徒歩5分程度
パック製品もある
ビンは牛乳 コーヒーの2銘柄
2002..06訪問

※2004でビン製品休止

興真乳業八千代工場 千葉工場 習志野工場

q12.jpg
q10.jpg
q11.jpg
千葉県八千代市
京成電鉄八千代台駅 大和田駅
東葉高速鉄道八千代緑ヶ丘駅からバス利用で10分程度
国道沿いにある

長らく八千代工場で一合ビン製造を行っていたが徐々に縮小され
2006年秋には廃止
協同乳業千葉工場にて製造となった
もっとも製品には興真乳業習志野工場とつけられている

興真乳業千葉工場は八千代工場と同敷地内にある
こちらは設立当初からパックのみでビンラインは無い

なお八千代工場自体の名称も2010年1月より千葉工場と統合とされ
現在は使われていない

大ビンは720ml仕様
製造当初からプラ栓仕様である

一枚目の写真は八千代道の駅に展示されている製品群
ほぼ晩年の八千代工場製造の資料として貴重
当方が欲しい位である

二枚目の写真は牛乳 コーヒー
2010.02現在紙栓仕様のビン銘柄はゴールデン カルキープがあり
計4銘柄となる
2002.06訪問

2012現在は協同乳業東海工場での製造 新瓶ポリキャップへ
なお工場名は協同乳業東海工場のまま

追記 修正
2015.06現在学校給食用牛乳については興真乳業習志野工場こと協同乳業千葉工場製造
ビン紙栓とも健在
参考 http://www.nagareyama.ed.jp/ngkitasyou/kyusyoku/index.html


成田ゆめ牧場

q07_20100502125109.jpg
q06_20100502125109.jpg
q05_20100502125109.jpg
千葉県下総町 現成田市
JR滑川駅から送迎バス利用10分ほど
ピンは種類別には3銘柄だがそれぞれ容量違いあり
しかし紙栓仕様で違うものについては4種類 
牛乳 飲むヨーグルト90ml 500ml ヨーグルト90ml

製品自体は成田山参道の直売店でも取り扱う
2010.04現在200mlビンは軽量ビン
2005.02訪問

※2014.03をもって小ビンヨーグルト二種製造休止

マザーデイリーセンター

f14_20100530054638.jpg
f15_20100530054638.jpg
f16_20100530054638.jpg
千葉県富津市
JR君津駅から送迎バス利用50分ほど
鹿野山のふもとにあるマザー牧場内で販売
クルマ利用ならスマートIC利用で

ピンは3銘柄
牛乳 コーヒー 各180ml
ジャージー牛乳 900ml
他に紙パック1000mlあり
なおポリポトル・カップのヨーグルトは栃木乳業委託

一合ビン製品は持ち帰り不可
牛乳は牧場内に数箇所ある売店で取り扱っているがコーヒーは一箇所のみの取り扱い
トンネルをくぐった先の処理施設傍の売店のみにある
訪問時は注意して確保したい

2009.09訪問
プロフィール

milkcap

Author:milkcap
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。